分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方14に戻る  分子模型の作り方16に進む

硫化ジメチル

横から見た
硫化ジメチル
上から見た
硫化ジメチル
横から見た硫化ジメチル 上から見た硫化ジメチル
 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-S 1.7 1.8 1.807 2.992863966 3.0
角度:∠CSC=99.05
硫黄の切断の模様 S(硫黄)は35mmの発泡スチロール球を黄色に塗ってから、3.0cmで99.05度になるように2カ所切ります。

 99.05度に調整した自作角度定規で切ると重なり合ができるために、左の写真のように切れ線ができます。

炭素 左は硫黄との結合面を手前において、炭素原子との重なり合の切れ具合を示しています。
 右は水素原子が結合する3つの場所を示しています。
 C(炭素)は、35mmの発泡スチロール球を黒く塗ってから、3cmで切った後に、109.5度の角度定規を使いながら、2.4cmで3カ所切り、重なり合を切除すると良いです。
 
 H(水素)は、2.5cmの発泡スチロール球を白いまま半分に切ればよいです。

 これらを木工用ボンドで接着すれば完成です。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方14に戻る  分子模型の作り方16に進む