分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
4 ブタン に進む

1 大きさ

 1億倍の分子模型を二倍にすればよいです。
原子名 発泡スチロール球の大きさ
炭素 70mm
酸素 60mm
水素 50mm
窒素 60mm

2 磁石

 黒板に分子模型をつけるためには,磁石を埋め込むとよいです。
 
磁石
magnet.jpg
やすり
yasuri.jpg

 100円ショップのダイソーは小さなネオジム磁石を売ってあります。写真のように,磁石がフィルムに残っている時に片面にマジックで色を塗っておくと,磁極がはっきりするのでよいです。ネオジム磁石を先に外してしまうと,バチッとくっついてしまって大変なので先に塗っておくのがコツです。
 バーナーで焼いたやすりの先端を分子模型に当てると,ネオジム磁石よりもちょっと大きめの孔を開けることができます。
 木工用ボンドをつめこんでおいてからネオジム磁石を入れ,固めると,〈黒板にくっつけることのできる分子模型〉の完成です。

3 孔定規

ドリル 孔定規
doriru.jpg anajyougi.jpg

 孔定規を仮説社から入手できない場合,自作する必要があります。
 私は卓上ボール盤を持っていないので,ドリルで孔を開けました。
 開けたのは,12mmの厚さで,9cmの幅の木材です。
 

2016.01.03


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
4 ブタン に進む