分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
11(リボース)に戻る    

12 ATP

1ATP.jpg  アデニンリボースリン酸を先に作った場合,三種を組み合わせたらATPがつくれます。
 『Molecular biology of THE CELL』に載っている分子模型図をもとに組み立てました。  
2mizugatorete.JPG  「水がとれて結合する」の繰り返しを示せるように作りました。
 

アデニン

adenine1.jpg 水素が取れるように作ります adenine2.jpg

炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イ・ウ・エ・オのようにして切ります。

ア:120度の角度定規を用いて、28mmで1カ所,24mmで2カ所切ります。24mmは窒素との結合部分です。

イ:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所,24mmで1カ所切ります。28mmが窒素,24mmが水素との結合部分です。

ウ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて24mmで切ると,との面となります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切ると,との面となります。切断面に「108 N」などと書いておくと間違わずにすみます。

エ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて28mmで切ります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切るととの面となります。

オ:108度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ると,キ,クとの面になります。24mmの孔定規に立てておいて切るととの面になります。

窒素:30mm球を青く塗り、カ・キ・ク・ケのようにして切ります。

カ:120度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。

キ:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。これを24mmの角度定規に立たせておいてから、24mmで最後の面を切ります。この最後の面には磁石を埋めます。

ク:108度の角度定規を用いて,24mmで2カ所切ります。

ケ:120度の角度定規を用いて,24mmで3カ所切ります。

水素:24mmの孔定規に丁度半分の球が出るように置いてから切ります。
コ:半分に切った25mm球にナットを埋め込みました。

サ:25mm球を半分に切ります。

リボース

ribose1.jpg 水酸基が2カ所取れるように作ります ribose2.JPG

〈五角形を作る酸素〉:30mm球を赤く塗り、108度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。

炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イ・ウ・エ・オのようにして切ります。

ア:28mmで切ったあと,108度の角度定規を用いて24mmで切ります。これは〈五角形を作る酸素〉と結合する所です。
 109.5度の角度定規を用いて28mmで切ります。これがとの結合面となります。
 最後に,109.5度の角度定規を用いて24mmで切り,水素原子をつけます。
 「との結合面がどちらになるか」を間違えないようにしてください。
 
イ:28mmで切ったあと,108度の角度定規を用いて24mmで切ります。これは〈五角形を作る酸素〉と結合する所です。
 109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。OHがつく部分にナットを設置します。裏側には水素原子が結合します。

ウ:28mmで切った後,108度の角度定規を用いて28mmで切ります。次に,109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。表に水素原子が結合し,裏にOHが結合します。

エ:28mmで切った後,108度の角度定規を用いて28mmで切ります。次に,109.5度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ります。表は水素原子が結合します。裏にはOHが結合します。


オ:109.5度の角度定規を用いて28mmで切った後,24mmで3カ所切ります。3カ所のうち,2つは水素原子が,1つはOHが結合する場所です。
 OHが結合する場所には,ナットを設置します。

OH:30mm球を赤く塗り,24mmで接するように2カ所切ります。片方には25mm球を半分に切った水素原子をつけます。
 他方には磁石を設置します。
 

リン酸

rinsan1.JPG  リン原子は35mm球を橙色に塗り、109.5°の角度定規を使いつつ24mmで4カ所切ります。
 酸素原子は30mm球を赤色に塗ったものを3つ用意し,24mmで1カ所切ります。
rinsan2.JPG  リン原子を109.5°の角度定規を使いつつ24mmで4カ所切ります。
 酸素原子のうち,2つは24mmで1カ所切ります。1つは接するように24mmで2カ所切ります。
rinsan3.JPG  リン原子を109.5°の角度定規を使いつつ24mmで4カ所切ります。
 酸素原子のうち,2つは24mmで1カ所切ります。2つは接するように24mmで2カ所切ります。

 結合させる部分には,磁極に注意しながら磁石を設置します。

2013.01.20


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
11(リボース)に戻る