分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方66に戻る    分子模型の作り方68に進む

ジアゾジニトロフェノール

CIMG9635.JPG  現在の「雷管」には雷汞にとってかわって,ジアゾジニトロフェノールがつめてあるそうです。調べてみると,TNTによく似た構造をしていました。
DDNP.png  テニー・デービス/姉川慎一,細谷文夫『火薬と爆薬の化学』(東海大学出版会 2006年)に記載のあった構造式です。「-O-N=N-」となんだかありえない形をしています。
「どうやってつくろうかなあ」と『化学便覧 基礎編 II』を調べたところ,N=Nに関して二種類の分子の記載があります。
一つは CH3-N=N です。こちらのN=Nは「直線型」です。
もう一つは CH3-N=N-CH3 です。こちらのN=Nは「ジグザグ」です。
ジアゾジニトロフェノールの -N=N- は O と結合しているので,「直線型」ではなくて「ジグザグ」だと判断しました。
それでも -O-N= は触れる程度にしか届きません。
「こういう瞬間もあるだろう」ということで作成することにしました。

炭素

6個の35mm球を黒く塗り,3.1cmで120°の角度定規を使って2カ所切ります。そして、切れ線が水平になるように調整しつつ2.4cmで1カ所切ります。

窒素

2個:30mm球を青く塗り,2.4cmで1mmほど間隔を空けながら3カ所平面になるように切ります。
1個:2.4cmで接するように2カ所切ります。
1個:2.4cmで1カ所切ります。

酸素

5個の30mm球を赤く塗り,2.4cmで切ります。

水素

25mm球を半分に切ります。

N-O の表現

Nkiru.JPG  酸素と窒素のわずかな結合を表現するため,窒素を重なりの分だけ切りました。
kumitate.JPG  「酸素をつけたら終わり」という状況です。

2013.05.12


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方66に戻る    分子模型の作り方68に進む