分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方2に戻る  4に進む

酸素原子の第1面を切る  酸素原子は30mm球を赤く塗ります。
 これを、2カ所切ることになります。

 24mmの穴に酸素原子を置いて、適当な場所を切ります。これが第1面となります。
 水性ボンドで接着させて乾燥することを考えると、穴のあいている部分がお尻になるようにしたほうがよいかもしれません。
酸素原子の第2面を切る  写真のように第一面の切り口と接するように置き、切ります。これが第2面です。
水素原子を切る  水素原子は25mm球を半分に切ります。
 そのために、24mmの穴に置いてから、水素原子の真ん中の線で切れるように軽く押さえます。
切り終えた姿  切り終えた酸素原子と水素原子です。
 完成した水分子は、こちらを御覧下さい。
分度器  分度器で面の角度を測定することができますから、結合面の角度が105度になっているかどうかチェックすることも可能です。しかし、へたに調べると、やり直したくなりますので注意が必要です。
 そうはいっても、つねに105度の角度を保っているはずはないので、「こういう瞬間もあるさ」ぐらいの気持ちでいいのではないでしょうか。

 根拠としては、分子振動です。これは、「まんがアトム博士の科学探検 手塚治虫・大塚明郎監修 東陽出版 1988年」にわかりやすく記載がありますので参考にして下さい。
 要約すると、『酸素原子と水素原子の間で電子のやり取りをしているのが「結合」なのだけれど、電子は酸素に引っ張られやすい。すると、酸素側はマイナスの電気を帯び、プラスの電気を帯びた水素原子を、さらに引っ張る。しかし、次の瞬間には電子は別の場所に移動するので、水素原子の位置は元に戻ったりする。こうして常に分子が変形しているのが分子振動だ』というものです。


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方2に戻る  4に進む