分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
こだわり分子模型2に進む

引用文献と原子直径の表

1、引用文献

以下の文献を参考にして、山田正男さんのやり方を参考にしながら、「こだわり分子模型」をはじめました。
図書名 発行年 著者 発行
化学便覧 基礎編 II 改訂4版 1993 社団法人 日本化学会編 丸善株式会社
パソコンで見る動く分子事典 1999 本間善夫・川端潤 講談社
熊本全国大会配付プリント 2000 山田正男
会員レポート 1999.8月号
<もしも原子が見えたなら>に出てくる分子模型の作り方
1999 齋藤一郎 仮説実験授業研究会
会員レポート 1999.9月号
分子模型づくりに何が必要か
1999 齋藤一郎 仮説実験授業研究会
パソコンアニメによる立体化学 1991 獅々堀彊 共立出版
分子模型をつくろう 1992 平尾二三夫、板倉聖宣 仮説社
ハート基礎有機化学 改訂第2刷 1994 H.ハート
秋葉欣哉、奥彬
培風館
タンパク質の構造入門 第2版 2000 Carl Branden & John Tooze
勝部幸輝、竹中章郎、福山恵一、松原央
Newton Press

2、原子直径の表

 「化学便覧」を参考にして原子直径を計算しました。発泡スチロール球は5mm単位でしか販売していませんから、しかたないので、一番近いところにあわせています。このずれと、結合面の直径を計算した結果との整合性をどうつけるかを思案中です。
 
 また、「van der Waals半径」と気楽に書いてありますけれど、2行ほどの説明でごまかしてある本ばかりです。私に理解できるような詳細な説明や根拠をほとんど見かけません。(「原子とつきあう本 板倉聖宣 仮説社 1985年」19ページには気体(衝突)半径としての説明があり、わかりやすいです。)それで、量子力学からの分かりやすい説明を探しているところです。
 
 発泡スチロール球につける色は、Chemscape Chime(「パソコンで見る動く分子事典」を見るためのソフト)で採用されている色を主に採用しています。
元素記号 van der Waals半径 原子直径(Å) 発泡スチロール球直径(mm)
H 1.2 2.4 25
He 1.4 2.8 30 薄ピンク
Li 1.82 3.64 35
C 1.7 3.4 35
N 1.55 3.1 30 空色
O 1.52 3.04 30
F 1.47 2.94 30 アイボリー
Ne 1.54 3.08 30
Na 2.27 4.54 45 濃青
Na+ 1.2 2.4 25 濃青
Mg 1.73 3.46 35 濃緑
Si 2.1 4.2 40 アイボリー
P 1.8 3.6 35
S 1.8 3.6 35
Cl 1.75 3.5 35 黄緑
Ar 1.88 3.76 40
I 1.98 3.96 40
K+ 1.52 3.04 30

2000.12.21初出
分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
こだわり分子模型2に進む