分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
こだわり分子模型2に戻る  こだわり分子模型4に進む

分子模型を作るための道具

発泡スチロールを切るための道具 (1)は電源装置、(2)は電熱カッターです。電源装置は4Vほどに設定しています。電熱カッターのステンレス線が赤熱しない程度の電圧にしなくてはいけないそうです。

(3)は角度定規、(4)は孔定規です。孔定規に発泡スチロール球を載せて切断する直径を設定します。電熱カッターを、発泡スチロール球が切れる速度にあわせて、孔定規を押さえるようにしながら、動かすときれいに切れます。一つの原子に2つ以上の結合面があって、角度を決めながら切らなければいけないときは、角度定規を使います。

(2)〜(4)は山田正男さんから購入しました。仮説社において「角度定規・分子模型定規(木製)・電熱線カッター」として購入することができます。
色塗のための道具 (a)は木工用ボンドと塗布するために使っている薬さじです。
(b)は水性ペンキです。ツヤ有りを買うとニスを塗らなくてすむので楽です。
(c)は大量のつまようじです。発泡スチロール球にさして色を塗る際に使用します。木工用ボンドをニスのかわりに塗らなくなったので使い回しが楽になりました。
(d)はヒドロキシル基を干している姿です。発泡スチロールの台にさすと便利です。

2000.12.21初出
分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
こだわり分子模型2に戻る  こだわり分子模型4に進む