分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方6に戻る  分子模型の作り方8に進む

アセチレン

 化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-H 1.7 1.2 1.0625 2.380897227 2.4
C-C 1.7 1.7 1.202 3.180439592 3.2

 アセチレンは炭素同士が三重結合で結合していて互いに引き寄せあっているので、32mmと大きく切る必要があります。これが第一面です。
 次に、この第一面と平行に水素との結合面の24mmを切れば、第二面になります。
 
炭素第一面 炭素第二面
アセチレン 酸素

 水素は24mmで切ることになります。
 これは、本来ならば水素の直径は24mmなので半分に切ることと同じ意味になります。ですから、25mm球を24mmの孔定規に押し込んで半分に切ると近い形になりそうです。
 ここでは、押し込まずに24mmで切りましたので、少し飛び出た形になっています。

 完成したアセチレンと、パソコンで見る動く分子事典によるアセチレンです。
完成したアセチレン 動く分子事典より
発泡スチロール 動く分子事典

 2002.8.7

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方6に戻る  分子模型の作り方8に進む