分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型13に戻る  分子模型15に進む

アセチレンの燃焼

 アセチレンの燃焼を説明するためにマジックテープを利用して作成した分子模型です。
 
アセチレン分子 酸素分子
アセチレン 酸素

 アセチレン分子は、水素原子と炭素原子それぞれをマジックテープで結合しました。
 
 酸素分子は、後に水にも変化できるように酸素原子同士の結合以外にも切れ目を入れています。

水分子 二酸化炭素分子
水 二酸化炭素

 アセチレンと酸素が化学反応を起こして生じる、水と二酸化炭素を示しています。
 
 アセチレンを分解して酸素と結合するのを、生徒の目の前でばらして示すことができます。
 
 酸素原子を分解して水を作るときに、この分子模型ではかえって誤解を招くかもしれません。でも、妙に強調するよりも流した方がよいように思いましたから、実際の授業では触れませんでした。

 2002.8.6作成 2002.9.23修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型13に戻る  分子模型15に進む