分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
1(磁石による接着)に戻る    3(チミン)に進む

2 アデニン

 プリンが原型です。

A-T.jpg  アデニンとチミンは,2カ所で結合します。
 黒い棒線の所でデオキシリボースと結合します。
adenine.jpg  アデニンの完成図です。
炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イ・ウ・エ・オのようにして切ります。

ア:120度の角度定規を用いて、28mmで1カ所,24mmで2カ所切ります。24mmは窒素との結合部分です。

イ:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所,24mmで1カ所切ります。28mmが窒素,24mmが水素との結合部分です。

ウ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて24mmで切ると,との面となります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切ると,との面となります。切断面に「108 N」などと書いておくと間違わずにすみます。

エ:28mmで第1面を切ります。続いて、第2面を120度の角度定規を用いて28mmで切ります。最後に第3面を108度の角度定規を用いて24mmで切るととの面となります。

オ:108度の角度定規を用いて24mmで2カ所切ると,キ,クとの面になります。24mmの孔定規に立てておいて切るととの面になります。

窒素:30mm球を青く塗り、カ・キ・ク・ケのようにして切ります。

カ:120度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。

キ:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。これを24mmの角度定規に立たせておいてから、24mmで最後の面を切ります。この最後の面はデオキシリボースと結合する所です。そこで,磁石を埋めました。

ク:108度の角度定規を用いて,24mmで2カ所切ります。

ケ:120度の角度定規を用いて,24mmで3カ所切ります。

水素:24mmの孔定規に丁度半分の球が出るように置いてから切ります。
コ:半分に切った25mm球にナットを埋め込みました。

サ:25mm球を半分に切ります。
 
 以上のようにして作製した部品を木工用ボンドで貼付けると完成です。

2012.12.30


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
1(磁石による接着)に戻る    3(チミン)に進む