分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
8 パルミチン酸 に戻る    10 油と脂肪酸 に進む

9 磁石による接合

 ネオジム磁石を埋め込んで結合を示すことにしました。
ketugou0.jpg

 脂肪酸の分子はとてもひょろ長いので,分子模型が折れることがあります。
 磁石で接合するように作ると各部品は短くなりますから「折れにくくなる」との予想もあって埋め込むことにしたのです。

 二重結合の部分です。
 他の部品と接合していると磁石に塗っていた色がうつって,どちらの極なのかわからなくなってきたので,断面に色を塗って判別が楽になるようにしました。

ketugou2.jpg

 リノレン酸などでの〈二重結合の間の炭素原子〉です。
 一個の炭素原子の28mmの切断面に磁石をそれぞれ埋め込んでいます。

ketugou1.jpg

 リノレン酸です。

ketugou3.jpg

 リノレン酸はこのようにバラバラにできます。

ketugou4.jpg

 いくつかの分子の二重結合の部分が3つ集まると,

susu1.jpg

 六角形のベンゼンになります。水素原子もとれていたら,すすです。

susu2.jpg

2016.02.04


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
8 パルミチン酸 に戻る    10 油と脂肪酸 に進む