分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7 エイコサペンタエン酸 に戻る    9 磁石による接合 の進む

8 パルミチン酸

 ブタ油(ラード)の主成分の分子(脂肪酸の一つ)である〈パルミチン酸〉です。
 二重結合はありません。
 青線は,グリセリンとの結合を示すために磁石を埋め込んだところです。
palmitic_acid.png

1:1個の炭素を,28mmで切った後,切断面より1mmほど離して30mmを切ります。次に反対側の切断面より1mmほど離して24mmで切ります。要領としては酢酸と同じです。酸素は30mmで切ったものと,24mmで接するように切ったものを用意します。

2ー15:14個の炭素を,109.5度の角度定規を用いて28mmで2カ所切ります。次に,24mmで2カ所切ります。

16:1個の炭素を,28mmで切った後,109.5度の角度定規を用いて24mmで3カ所切ります。

2016.02.03


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7 エイコサペンタエン酸 に戻る    9 磁石による接合 の進む