分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
5(グリシンと酢酸)へ  7(バリン)へ

アラニン

 アラニンは、グリシンのHがCHに置き換わった形をしています。
動く分子事典より アラニン
アラニンの動く分子事典での像 アラニンの分子模型

 下の図は、別の角度から眺めたものです。
 側鎖(R)のCHの炭素と、カルボキシル基の炭素をよく見ると、互いに接触しているのが見えます。アラニンの製作時のポイントはここになります。
動く分子事典より 完成した分子模型
アラニンの動く分子事典での像 アラニンの分子模型

1、側鎖

a-b 切断面の直径(cm)
C-C 2.8
C-H 2.4
炭素:109.5度の角度定規を用いて、30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。
水素:24mmの孔定規を用いて半分に切り、3個作ります。

 炭素の24mmの切り口に水素をくっつければ完成です。

2、アミノ酸の共通構造との違い

 「カルボキシル基」と「CH」の炭素の切断面に見える黒いボールペンの線は、重なりあいの部分を修正するために、部品Cの切れ線を利用して描いたものです。そして、この線を利用して、これぐらいだと見当を付けてカッターナイフで重なりあいの部分を切除しました。
カルボキシル基 C CH
カルボキシル基 C CH3
 
 どの面に何を付けたらいいのか解るように、RやCなどと「切った面」に書いています。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
5(グリシンと酢酸)へ  7(バリン)へ