分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
1(アミノ酸の共通構造)へ  3(ペプチド結合)へ

αβ

 タンパク質には、αヘリックスとβシートという主な構造があります。
 
 この構造を分子模型でも示そうという場合に基本となるのが、「アミノ酸の共通構造」の中で、ペプチド結合をした後にできるC=OとN-Hの水素結合です。
αヘリックス  αヘリックスとは、アミノ酸がペプチド結合で連なっていくとき、らせんのようになりつつ、上下のアミノ酸同士でピンクの矢印の方向に水素結合ができるものです。

 よって、αヘリックスを作るようにアミノ酸を製作する時には、左の写真のように「アミノ酸の共通構造」を作る必要があります。
βシート  βシートとは、ペプチド結合で連なったアミノ酸の隣り合った鎖が、写真のピンクの矢印の方向に水素結合をするものです。

 よって、βシートを作るようにアミノ酸を製作する時には、左の写真のように「アミノ酸の共通構造」を作る必要があります。
 以上のことを「タンパク質の構造入門」を読んで、やっと理解しました。
 
 2003.2.17

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
1(アミノ酸の共通構造)へ  3(ペプチド結合)へ