分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方32に戻る  分子模型の作り方34に進む

赤色2号

 食紅はいくつかの色素をまぜたものだそうです。
 そのうちの一つの赤色2号を製作しました。
 
 製作するためには、構造式を知る必要があります。
 キリヤ化学のHPでその構造式を知ることができました。
 C16H9N2Na3O10S3
 
 すると、赤色2号を構成しているものは、硫酸ベンゼンナフタレン、水酸基、アゾ基があることがわかりました。
 
 アゾ基は、N=Nであり、これを含む化合物はすべて着色しているそうです。
赤色2号 構造式を付加した
赤色2号
動く分子模型の赤色2号 赤色2号

スルホン酸:硫酸とほぼ同じ作り方です。硫黄からの酸素はすべて24mmで一カ所だけ切ります。硫黄は硫酸と同じの切り方です。ナトリウムは25mm球を青で塗り、一個の酸素と爪楊枝でつなぎます。
ベンゼンナフタレン:それぞれの作り方を参考にして下さい。基本的には、35mm球を黒く塗って120度の角度定規を用いて2カ所切ればいいです。
水酸基:24mmの孔定規を用いて酸素を2カ所接するように切ります。これに25mm球を半分にして作った水素をつけるとよいです。
アゾ基:2(結合面の直径の算出)の計算により、窒素同士は27mmできればよいことがわかります。また、「化学便覧 基礎編 II」を見ると、一直線である様でしたので、炭素との結合面は24mmで平行に切りました。

 以上の部品を木工用ボンドで接着すると完成です。
 
 「窒素どうしを一直線に結ぶのは間違い」であることがわかりました。アゾメタンの構造のように,窒素を結合させなくてはいけません。訂正してお詫びします。
 しばらくしてこのページの記載を書き直します。  
 2003.8.10初出 2010.05.15訂正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方32に戻る  分子模型の作り方34に進む