分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
22(リシン)へ  24(ヒスチジン)へ

アルギニン

 アルギニンはたくさんの窒素を持ったアミノ酸です。
 
 側鎖の構造を示す文献を見つけることができませんでしたので、動く分子事典での図から角度等を読み取り、製作しました。
 
動く分子事典より アルギニン
動く分子模型のアルギニン アルギニン

1、R(側鎖)
アルギニンの側鎖
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-N 2.4
C-H 2.4
 

側鎖を作る
ア:120度の角度定規を用いて、24mm→24mm→24mmと切ります。
イ:109.5度の角度定規を用いて、30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。
ウ:109.5度の角度定規を用いて、30mm→30mm→24mm→24mmと切り、2個作ります。
窒素(エ):24mmで接するように2カ所切ります。
窒素(オ):120度の角度定規を用いて、24mmで3カ所切ります。
窒素(カ):24mmで接するように2カ所切ります。そして、24mmの孔定規の上に逆立ちさせて、水素との結合面を切ります。
水素:24mmで半分に切ります。

 炭素同士は、重なり合いができます。
 
 これは、30mm→30mmと切った時にできる切れ線を利用して切ります。
 30mmの面を互いにぴったりと重ねると、切れ線の部分を定規代わりに線を引けるようになります。
 こうして引いた線を利用してカッターナイフで切ります。

 最後に、「アミノ酸の共通構造」と結合する部分で重なり合いがあるところを切除します。
 
2、アミノ酸の共通構造
 詳細は、「アミノ酸の共通構造」を御覧下さい。
共通構造
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C=O 3.0
C-0 2.4
C-H 2.4
O-H 2.4
C-N 2.4
N-H 2.4
 
 
 2003.4.7

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
22(リシン)へ  24(ヒスチジン)へ