分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方63に戻る    分子模型の作り方65に進む

インドール酢酸

 インドール酢酸が結合した形です。
 
真上から 分子中の酢酸
auxin.jpg auxin2.JPG

炭素を作る

ア:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、24mmで水素の結合する部分を切ります。
イ:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、片方の切断面を基準にして、108度の角度定規を用いて28mmで1カ所切ります。
ウ:120度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、片方の切断面を基準にして、108度の角度定規を用いて24mmで1カ所切ります。
エ:108度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、二つの切断面を上にしておいて28mmで1カ所切ります。
オ:108度の角度定規を用いて、28mmで1カ所、24mmで1カ所切ります。そして、24mmで水素の結合する部分を切ります。
カ:109.5度の角度定規を用いて、28mmで2カ所、24mmで2カ所切ります。

キ:28mmで1カ所切ります。1mm離して28mmで1カ所,反対側から1mm離して24mmで1カ所切ります。

他の原子を作る

酸素:ク:28mmで1カ所切ります。
酸素:ケ:24mmで接するように2カ所切ります。
窒素:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。そして、切れた面と重ならないようにしつつ,24mmで水素と結合する部分を切ります。
水素:24mmの孔定規を用いて半分に切ります。

 以上の原子たちを木工用ボンドで接着します。
 乾いてから、水素原子を接着していけば完成です。

2013.01.29


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方63に戻る    分子模型の作り方65に進む