分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方60に戻る    分子模型の作り方62に進む

アゾメタン

azokansei.JPG  食紅分子を作るために作ってみようと思い立ちました。食紅の鍵となる -N=N- という構造をもっているからです。
azobuhin.JPG  アゾメタンを構成する原子部品です。
 
 〈食紅の鍵となる -N=N- という構造〉を正確に表現するには,窒素原子どうしの結合面を2.7cm,窒素原子と炭素原子どうしを2.8cmで切らなければいけません。
 しかし,そうすると窒素原子で切った面が交差して切れ線ができてしまいます。
 こうしてできたいびつな窒素原子どうしの隙間に炭素原子を切り入れるのは大変です。
 ですから,作りやすさを優先して,窒素原子どうし・窒素原子と炭素原子の間,すべて2.4cmで切ることにしました。
 
 すると,C-N=N-C のそれぞれの角度は,ほぼ化学便覧 基礎編 IIの記載どおりとなります。
 
 しかし,「できあがった分子模型の〈食紅の鍵となる -N=N- という構造〉は,実際よりも長い」ということになります。
 

a-b 切断面の直径(cm)
N-N 2.4
N-C 2.4
C-H 2.4
 Nは30mm球を青色に塗り、接するように2.4cmで2カ所切ります。の酸素と同じように切ればいいです。
 Cは35mm球を黒色に塗り、メタンのように切ります。つまり,109.5度の角度定規を使って2.4cmで4カ所切ります。
 Hは25mm球を半分に切ったものを6つ用意します。
 以上の部品を木工用ボンドで接着すると、アゾメタンの完成です。
  

2010.04.19


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方60に戻る    分子模型の作り方62に進む