分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方2に進む

ベンゼン

 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-C 1.7 1.7 1.399 3.098838331 3.1
C-H 1.7 1.2 1.101 2.390261632 2.4
 計算ではC-Cを3.1cmで切ることになります。自分で3.1cmの孔定規を作っているならそれを利用すればいいですし、ないなら3cmの孔定規に押し込んで切ると大丈夫です。
 
第2面を切っているところ  まず、30mmの穴に黒く塗った35mm球を置いてから電熱カッターで切ります。これが第1面となります。

 次に、左の写真のように第2面を30mmで切ります。
 これは、第1面を120度の角度定規に押し当てつつ、30mmの穴に発泡スチロール球を置いてから、電熱カッターで切ればよいのです。
第3面を切っているところ
 左の写真は、24mmで第3面を切るやり方を示しています。

120度で第2面まで切ると、第1面と第2面の断面に重なりができ、「切れ線」ができます。
 この「切れ線」を、定規に描いてある水平線に平行になるように置くと、第3面をきれいに切ることができます。


動く分子事典より 発泡スチロール模型
ベンゼンの動く分子辞典 ベンゼン
 こうしてできた6個の炭素原子でできた環に、25mm球を半分にして作った水素原子を接着してできるのが、ベンゼン分子です。
 これを利用して、ベンゼン環を含む分子を作成することができます。
 2003.1.20修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方2に進む