分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方35に戻る  分子模型の作り方37に進む
α-D-グルコースへ

β-D-グルコース

 β-D-グルコース=ブドウ糖の分子模型です。
動く分子事典より β-D-グルコース
動く分子模型のブドウ糖 ブドウ糖
 
アルファとベータ
 グルコース=ブドウ糖には、左のようにαとβがあります。
 
 その違いは、(1)の炭素原子につく-OH(緑の矢印)と-H(黄色の矢印)の上下関係の違いです。
 (1)の炭素と結合する酸素原子(写真では右上)の間が切れやすく、αとβとに変換しているそうです。


 ですから、作り方は基本的にはα-D-グルコースと同じになります。
 
骨格
骨格
 グルコース=ブドウ糖は、6個の炭素が連なってできています。
 
 そのうち、(1)と(4)についている水酸基で、他のグルコース=ブドウ糖とつながります。
 (1)はOとHの間で切れ、(4)はCとOHの間で切れるように作り、マジックテープで結合を示せるようにしました。

炭素の切り方
*2個の35mm球を黒く塗り、109.5度の角度定規を使用して、28mm→24mm→24mm→24mmで切ります。これが(1)と(6)になります。
*4個の35mm球を黒く塗り、109.5度の角度定規を使用して、28mm→28mm→24mm→24mmで切ります。これが(2)〜(5)になります。
 
酸素の切り方
*6個の30mm球を赤く塗り、24mmで接するように2カ所切ります。
 
水素の切り方
*6個の25mm球を半分に切ります。
 
組み立て方
まず、(1)〜(5)と酸素1個を使って、骨格を作ります。
この時、酸素に面するのは24mmの面になるようにします。そして、炭素どうしは28mmの面です。
(5)と(1)の間にある酸素を手前に飛び出すように、(4)と(2)の間にある(3)を奥に引っ込むように、うまい具合に調節します。

次に、骨格に水酸基か水素を以下のようにつけます。
(1)は上に水酸基、下に水素、
(2)は上に水素、下に水酸基、
(3)は上に水酸基、下に水素、
(4)は上に水素、下に水酸基、
(5)は上に(6)、下に水素、
(6)は水素2個と水酸基1個をつけます。

 結局、上下に向かった面には水素をつけ、斜め方向には水酸基をつける事になります。
 
 2003.10.2

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方35に戻る  分子模型の作り方37に進む
α-D-グルコースへ