分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
25(αヘリックス)へ  

βシート

 タンパク質の構造の一つに、βシートがあります。
 そのうちの、逆平行βシートを作りました。
 
グルタミン残基 ペプチド結合 +アスパラギン酸残基
残基1 ペプチド結合 つながった残基
 左に、グルタミンの残基を示しました。
 ここでは、真下に向かった=Oと-N-Hに注意して下さい。
 このため、ペプチド結合をする面は、右斜め・左斜めを向いています。
 
 中は、αヘリックスの時と同じく、「ペプチド結合は平面である」ということを示しています。
 
 右は、グルタミンとアスパラギン酸がペプチド結合をしている様子を示しています。
 
 グルタミンの左にフェニルアラニンが結合すると、下の写真のようになります。
3つめ
 ペプチド結合をしている鎖から、3つの側鎖が突き出ている様子が見えます。
 
 このように、側鎖が邪魔をしにくいので、比較的まっすぐにアミノ酸が連なっていくことができます。
 
 上の写真では側鎖のせいで隣の鎖との水素結合が見えにくいので、水素結合が見えるようにして組み合わせて、黄色の矢印で水素結合を示したのが、下の図です。
水素結合
 黄色の矢印で示した水素結合が2本ずつ上下交互に出ているのが見えます。
 (ここでは、3つしかアミノ酸を結合させていませんが実際はもっと長いのです)
 
 この水素結合で、隣り合った複数の鎖が結合しているのがβシートです。
2本の水素結合
 二つの鎖が、黄色の矢印で示した水素結合で引き合っている姿が見えます。
 
 
 下に示したのは、斜め横から見たβシートです。
斜め横から見たβシート 水素結合などの構造
斜め横から見たβシート 水素結合

 αヘリックスと同じく、何も示していないと単なる固まりにしか見えません。
 
 しかし、右に示したように、赤の矢印で示したペプチド結合で連なった2本の主鎖が逆向きに並んでいます。
 
 そして、青色の矢印で示した向きに、黄色の領域で示した側鎖が飛び出しています。1本の主鎖から、側鎖は上下交互に飛び出しています。
 さらに、隣り合った主鎖からは同じ向きに側鎖が飛び出しているのも見えます。
 
 今度は、正面から見たβシートです。
正面から見たβシート 水素結合などの構造
正面から見たβシート 水素結合

 正面から見ると、上下方向に側鎖が出ているのがよく見えます。
 (写真の下に見える白いのは発泡スチロールで作った台です)
 
 2003.4.5初出

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
25(αヘリックス)へ