分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型9に戻る  分子模型11に進む

スライム

 「手づくりスライムの実験 山本進一 さ・え・ら書房 1996年」を参考にしながら、スライムを使った高分子の授業を始めました。
 
 手始めに、きれいなスライムをつくって単純に楽しみました。
 
 そして、今後の授業のためにポリビニールアルコールの分子模型を作成しました。どう利用して楽しむかは来年の課題です。
PVA エタノールが多数結合した構造をしています。これなら、なるほど、高分子でも水に溶けるはずです。

作り方

  1. PVA洗濯のりを湯で2倍に薄め、65度ほどの液をつくる。
  2. 色をつけたいときは、水彩絵の具を少し入れる。
  3. ホウ砂(四ホウ酸ナトリウム)の飽和水溶液を少しずつ加えながら、激しくかき混ぜる。
  4. 指で触ってべとつかなくなるまで固まったら出来上がり。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型9に戻る  分子模型11に進む