分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型1に戻る 分子模型3に進む

メタンとメタノール

 まず、最も単純な形の炭化水素としてのメタンと、メタンに酸素が加わっただけのメタノールの分子模型を、生徒に作ってもらいました。
 
 そして、コンピュータ室にて、実物を見せます。メタンは試験管に酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムを入れてから加熱し、発生してくるメタンをビニール袋にためました。
メタンの発生の化学反応式

 メタノールは試薬ビンに入っているものをそのままシャーレに出しました。
 
 こうして、気体と液体という常温での状態の違いを見せてから、コンピュータを起動させます。
 すると、LAN上で「パソコンで動く分子事典」を共有していますから、各コンピュータからブラウザを使って分子模型を見ることができます。しばらくグリグリ動かして自分で作った発泡スチロール模型と比べさせました。
 
 最後に、メタンとメタノールを燃焼させ、「有機化合物はみな燃えるのだ」とまとめました。

 私は今まで、理科の授業にはコンピュータは時期尚早であると思っていて(「数学・理科教育におけるコンピュータ活用に関する研修会」に参加して考えたこと)、実験に使おうとは思っておりませんでした。
 
 しかし、福岡県立朝倉高等学校にはコンピュータ室内だけのLANがあり、データを見せたり、インターネットに接続する環境が整ってきました。それで、分子模型を見せるのであれば実施する意味があると思えましたので、準備をすすめました。

 これは、2000.01.13に研究授業として実施しました。
発泡スチロール模型 動く分子事典から
メタン メタン メタン動く分子事典
メタノール メタノール メタノール動く分子事典

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型1に戻る  分子模型3に進む