分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型2に戻る 分子模型4に進む

麦芽糖

 麦芽糖を発泡スチロール模型でつくりました。すると、ブドウ糖が傾いて結合していることが理解できました。これは、一番下に示したような構造式のように平面的なものしか見たことがなかったので、今まで考えたこともありませんでした。
 
 また、触っていると、「どうしてここしか結合しないんだろう?」等といった疑問が次から次へと湧いて来ます。
 手で触るという効果を自分自身で経験しています。

発泡スチロール模型 動く分子事典から
麦芽糖の正面図 麦芽糖の正面図 麦芽糖の正面の動く分子事典
麦芽糖の側面図 麦芽糖を横から見る 麦芽糖の横の動く分子事典

麦芽糖の構造式


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型2に戻る  分子模型4に進む