分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型5に戻る  分子模型7に進む

アルコールの酸化

じっくりと触りながら眺めていると、わかった気になってくるのが不思議です。
メチルアルコールの酸化 メチルアルコール



ホルムアルデヒド



ギ酸
エチルアルコールの酸化 エチルアルコール



アセトアルデヒド



酢酸

実験例

1、エチルアルコールからアセトアルデヒドへ

  • 試験管にエチルアルコール2ml、重クロム酸カリウムの結晶1g、6M硫酸4mlを加え、80℃の湯浴で加熱する。
  • 蒸気を冷水中の試験管に導くと試験管の底に少量の液体がたまる。
ア:どのような匂いがしますか。
イ:どんな色ですか。

2、アセトアルデヒドができていることを銀鏡反応で確かめる
  • 硝酸銀溶液にアンモニア水を、初めに生じた沈澱がちょうど消えるまで、よく混合しながら少しずつ加えていく。
  • 1で作ったアセトアルデヒドを加えて混合し、加熱して様子を見る。
ア:どのような変化が生じましたか。

3、エチルアルコールからアセトアルデヒドへの変化
 酸素・水・エチルアルコール・アセトアルデヒドの分子模型を使って、構造式での変化を説明しました。分子模型を使ったら、構造式の変化はよくわかるようです。

4、銀鏡反応の化学変化
 銀の動きだけを追った式を表示し、こんなのが起っているらしいと説明しました。

5、メチルアルコールからホルムアルデヒドへ
  • メチルアルコール2mlと水2mlを試験管にとり、沸騰しない程度に静かに加熱する。
  • バーナーで加熱した銅線のコイルを液面に触れないように何回も出し入れする。
ア:加熱した銅線の色の変化はどうなっていますか。
イ:しばらくして発生したホルムアルデヒドは、どんな匂いがしますか。

6、ホルムアルデヒドができていることをフェーリング反応で確かめる
  • フェーリングA液とB液を同じ量まぜる。
  • 5の溶液に加えて加熱して様子を見る。
ア:色の変化はどうなりましたか。

7、メチルアルコールからホルムアルデヒドへの変化
 分子模型を使って説明します。
分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型5に戻る  分子模型7に進む