分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型6に戻る  分子模型8に進む

異性体

下の図のように、炭素に0〜3個の水素がついた部品を必要数作っておきます。
部品から出ているのは接続に使っている「つまようじ」です。2/3ほどの長さにして差し込んでいます。
分子模型の部品
次に、これを組み合わせて異性体を作ります。オクタンなども簡単に作れますし、結合している部分で回転することを示すことができます。そして、「燃えやすいのはどれだろうか?」と聞いてます。
ノルマルペンタン イソペンタン
ノルマルペンタン イソペンタン


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型6に戻る  分子模型8に進む