分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型7に戻る  分子模型9に進む

脂肪酸と油脂

 脂肪酸の一例として、以下を提示しました。そして、リノール酸は不飽和脂肪酸(二重結合がある)の一つで、酸化されるとステアリン酸になることを示しました。よって、魚は酸化する前に食べなきゃと話しています。
ステアリン酸 リノール酸
ステアリン酸 リノール酸

 脂肪酸の一つのパルミチン酸と、アルコールの仲間でヒドロキシル基を三つも持っているグリセリンの反応を示します。
パルミチン酸   グリセリン
パルミチン酸 グリセリン

          

パルミチン酸からヒドロキシル基が、グリセリンから水素がとれています。
エステル結合への前

          

そして、エステル結合をすると、水が取れています。
エステル結合の完成

こうして、残りのヒドロキシル基も反応すると油脂ができます。
油脂

そして、この逆反応が消化器官の中で酵素が行っている、加水分解です。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型7に戻る  分子模型9に進む