分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方9に戻る  分子模型の作り方11に進む

ブタン

動く分子事典より 発泡スチロール模型
ブタンの動く分子事典 ブタンの分子模型

 ブタンの分子模型です。カセットコンロやガスライターの燃料なので、身近な気体です。また、ブタンの作り方は、炭素の鎖が長い物質に応用できます。
 
 ブタンは炭素原子が4つ縦に結合している炭化水素ですから、構成している元素は、炭素と水素だけです。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4

 上の写真の様に、4つの炭素原子のうち、両端の炭素には3つの水素が結合し、間の炭素には2つの水素が結合しています。
 また、それぞれの炭素原子は、少しぶつかった部分がありますので、結合面以外にも一カ所を切除する必要があります。
kirumae.JPG  それぞれの炭素原子の一カ所をボールペンで描きました。
kittaato.JPG  描いた所をカッターナイフで切除しました。
kiresen.JPG  切除した炭素原子を,接着するように並べた所です。
gensitati.JPG  分子を構成する全ての原子を並べてみました。

 
  1. 両端の炭素(2個)
    1. 30mmで切る
    2. 109.5°の角度定規を用いて、24mmで3カ所切る。
    3. 「間の炭素」にできる〈切れ線〉を利用して,「カッターナイフで切るべき線」を一カ所描く。
    4. 「カッターナイフで切るべき線」で切る。
  2. 間の炭素(2個)
    1. 30mmで切る
    2. 109.5°の角度定規を用いて、30mmで1カ所切る。
    3. 109.5°の角度定規を用いて、24mmで2カ所切る。
    4. 〈切れ線〉を利用して,「カッターナイフで切るべき線」を一カ所描く。
    5. 「カッターナイフで切るべき線」で切る。
 
 「カッターナイフで切るべき線」は、「端の炭素」の30mmの断面に「間の炭素」の30mmの断面をぴたりとあてて,〈切れ線〉を定規としてボールペンで描きます。
 そして、見当を付けてから線に沿ってカッターナイフで切除するわけです。
 
 これに、25mm球を半分に切った水素原子を貼付けていけば完成です。

2009.01.17


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方9に戻る  分子模型の作り方11に進む