分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方36に戻る  分子模型の作り方38に戻る

セルロース

 β-D-グルコース=ブドウ糖が、(1)と(4)の炭素に結合している水酸基の部分で結合していって、何千も連なると、セルロースになります。
 
 そのうちの最初の二つのグルコースの結合を示したのが下の図です。
2つのグルコースから 水がはずれて 結合しました
2つのグルコース はずれて とっても短いセルロース

 この時、表・裏の形で結合しています。
 
4分子結合 4分子結合
動く分子事典より 動く分子模型の4分子
 こうして、交互に結合すると、まっすぐなセルロースの分子になります。
 
 デンプンと違って螺旋にならないところが面白いです。

 
 2003.10.3

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方36に戻る  分子模型の作り方38に戻る