分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方54に戻る    分子模型の作り方56に進む

シクロプロパン

 ピレトリンを作るための部品として製作することにしました。
動く分子事典より 完成した分子模型
シクロプロパンの動く分子事典での像 シクロプロパンの分子模型
 化学便覧 基礎編 IIによると,炭素間の距離は1.5Åですから,計算すると3.0cmで切ればいいことがわかりました。
 
 また,炭素の作る角度は60度でいいこともわかりました。
 要するに正三角形ですね。
 
  
炭素の切り方  120度の角度定規をひっくり返して60度の角度定規として使って3.0cmで切断しました。

 もう一度切れば炭素同士は完成です。同じものを3つ作ります。
炭素の切り方  水素と結合する面は2.4cmで切ればいいです。
そろった部品  準備の整った原子たちです。
  
2005.8.19

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方54に戻る    分子模型の作り方56に進む