分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
11(トレオニン)へ  13(メチオニン)へ

システイン

動く分子事典より 発泡スチロール模型
システインの動く分子事典での像 システインの分子模型
 セリンの酸素が硫黄に変わったのがシステインです。なんだか面白いです。
 
1、R(側鎖)

a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-H 2.4
C-O 2.4
O-H 2.4
側鎖
 炭素は、30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。Cを切る角度は109.5度です。
 硫黄は、硫化水素と同じく、2.4cmで接するように2カ所切ります。
 それぞれに半分に切った水素をつけます。
 
2、アミノ酸の共通構造

 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。
 
 以上のようにして作成した部品を、重なりあいを切除してから貼付けると完成です。
 
 2002.12.20初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
11(トレオニン)へ  13(メチオニン)へ