分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7(リン酸)に戻る    9(DNAのブロック)に進む

8 塩基の結合

A-T.jpg  左がアデニン,右がチミンです。
 
G-C.jpg  左がグアニン,右がシトシンです。
 これらの原子の接触している所に磁石やナットを埋め込みます。
A.JPG  アデニンには窒素と水素に印を付け,磁石を埋め込みました。
 
T.JPG  チミンには酸素と水素に印を付け,ナットを埋め込みました。
 
G.JPG  グアニンには,水素2こと酸素に印を付け,磁石を埋め込みました。
 
C.JPG  シトシンには,水素・窒素・酸素に印を付け,ナットを埋め込みました。
 
A-T2.JPG  アデニンとチミンの結合です。
G-C2.JPG  グアニンとシトシンの結合です。
kasane.JPG  塩基の結合を重ねてみました。すると,「デオキシリボースと結合する部分」がきちんと重なっていました。
 それだけでなく,塩基を裏返しても角度や距離が変化しませんでした。バッチリです。

2012.12.31


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
7(リン酸)に戻る    9(DNAのブロック)に進む