分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方4に戻る  分子模型の作り方6に進む メタノールへ

エタノール

 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-C 1.7 1.7 1.512 3.045300642 3.0
C-O 1.7 1.52 1.431 2.86164088 2.9
O-H 1.52 1.2 0.971 2.398840171 2.4
C-H(OありC) 1.7 1.2 1.1 2.390062069 2.4
C-H(OなしC) 1.7 1.2 1.09 2.387942171 2.4
 上のように作成すると、下に示すように「パソコンで見る動く分子事典」のモデルと同じような形になると思います。しかし、酸素と炭素の結合部分と水素が重なりあっているのを作成するのは難しく、まだ解決法を見い出していません。
エタノールの動く分子事典での像

 よって、以下のようにして「C-O」間の切断面の直径を2.4cmに変更して製作しました。
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-O 2.4
O-H 2.4
C-H(Oがつくa) 2.4
C-H(Oなしb) 2.4
 Cは4方向に切る必要があります。そこで、まずは一番大きい第一面を3cmで切ります。
 次に、角度定規に切断面を押し当てつつ2.4cmの孔定規にはめることで第二面を切ることができます。
 第三面と第四面は、二つの切断面を角度定規に押し当てつつ、切断したい所を2.4cmの孔定規にはめて切断すると切れます。
 こうして、Cの完成です。
 これを2個作成します。
 
 OとHは、水と同じやり方で切ればいいです。
第二面 第三面 第四面
Cへの第二面 Cへの第三面 Cへの第四面
Cの完成 Oの第一面 完成
Cの完成 Oの第一面 エタノールの完成

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方4に戻る  分子模型の作り方6に進む メタノールへ