分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型11に戻る  分子模型13に進む

エタノールの結晶化

 エタノールの分子模型を並べながら手遊びしていて、凝固点が水に比べて低いのはこんな理由だろうかと推測したことを記載します。
球状に配置 棒状に配置
アルコールが球状に配置する  アルコールが棒状に配置する
 まず、左のように、エタノールの頭のヒドロキシル基を内側に寄り集まって、尻を外に出して球状に固まっているイメージが出ました。
 これだと、エタノールの固まりはできるけれど、固まり同士の連結が難しそうです。

 次に、右のように、エタノールの頭が次々と一直線に水素結合しているイメージがでてきました。
 これなら、長大な棒状のもの同士で分子間結合も可能のように見えます。
 針のような形の結晶はこうしてできているのだろうかと思えました。

 なんにしても、エタノールの結晶化は水に比べたら難しそうです。

2002.06.05

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型11に戻る  分子模型13に進む