分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方61に戻る  分子模型の作り方63に進む

ホルムアルデヒド

動く分子事典より 分子模型
hcho2.jpg formaldehydekansei.JPG

formaldehydebuhin.JPG  炭素原子1個,酸素原子1個,水素原子2個という,とても少ない原子でできた分子がホルムアルデヒドです。
 ホルムアルデヒドを水にとかしたものをホルマリンといいます。
 
 ホルマリンは毒性が強いので細菌などは生きていることができません。ですから,生物標本をつける液として使われています。
 

a-b 切断面の直径(cm)
C=O 2.9
C-H 2.4
 CとOの切断面は,計算上は2.95cmです。
 2.9cmの穴に押し込んで,ちょっと大きめに切るとよいでしょう。
 四捨五入すると3cmでちょうど半分です。でも,半分よりも小さいように切ったらよいでしょう。
 
 そして,120度の角度定規をつかって2.4cmで2カ所切ると,Hとの結合面ができます。
 
 Hは25mm球を半分に切ったものを2つ用意します。
 
 以上の部品を木工用ボンドで接着すると、ホルムアルデヒドの完成です。
  

2010.04.19


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方61に戻る    分子模型の作り方63に進む