分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方22に戻る  24に進む

ホルムアミド

 アスパラギンとグルタミンの部品に相当するホルムアミドを作りました。
 ホルムアミドは、窒素と炭素と水素と酸素からできた、平らな分子です。
 
 なぜ平らかというと、共鳴といって、炭素は酸素と二重結合をしているときと、窒素と二重結合をしているときがあり、窒素の回転ができない状態になっているからだそうです(基礎有機化学より)。
 
 そのおかげで、C-Nの距離も一般の炭素と窒素の結合(1.47Å)よりも短く、1.32Åしかないそうです。
 
 となると、忠実に再現したくなったので、炭素と窒素の距離を優先して製作したのが、下のホルムアミドです。
ホルムアミド 説明図
ホルムアミド ホルムアミド
 こだわり分子模型2と同じようにして、化学便覧 基礎編 IIのデータを利用して計算したのが以下の表です。
a-b a原子の
半径
b原子の
半径
c=abの
距離
R=結合面の直径 切断面の直径(cm)
C-O 1.7 1.52 1.239 2.940551875 2.9
C-N 1.7 1.55 1.326 2.948145119 2.9
C-H 1.7 1.2 1.09 2.387942171 2.4
N-H 1.55 1.2 1.01 2.399322324 2.4


ホルムアミドの部品 炭素:35mm球を黒く塗り、角度定規を利用して、窒素と結合する面を29mmで切った後に、酸素と結合する面を124度・29mmで切り、水素と結合する面を116度・24mmと切ります。

酸素:30mm球を赤に塗り、29mmで切ります。

窒素:30mm球を青に塗り、29mmで切ります。次に、119度・24mmで水素との結合面を2カ所、平面になるように切ります。

水素:25mm球を半分になるように切ります。

 
 以上のようにして作製した部品を木工用ボンドで貼付けると完成です。
 
 2003.3.31

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方22に戻る  24に進む