分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方25に戻る  分子模型の作り方27に進む

フルクトース=果糖

 フルクトース=果糖は、プロリンを応用して作りました。
 
動く分子事典より フルクトース=果糖
動く分子模型のフルクトース=果糖 フルクトース=果糖
骨格
フルクトース=果糖 フルクトース=果糖の骨格

「骨格」に接続するもの
ア右:手前にOH、奥にH。
ア左:手前にH、奥にOH。
イ右:手前にOH、奥にCH2OH。
イ左:手前にCH2OH、奥にH。

 「イ右」の手前のOHをマジックテープで接続すると、16(グルコース=ブドウ糖)と結合することができます。

炭素を作る
ア:108度の角度定規を用いて、28mmで2カ所切ります。そして、109.5度の角度定規を用いて24mmで水素の結合する部分を2カ所切ります。
イ:108度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。そして、109.5度の角度定規を用いて24mmと28mmで切ります。
位置関係
 
 それぞれの面の位置関係は、左の図のようになります。
 同じようでいて違うので気を使います。
 
ウ:109.5度の角度定規を用いて、28mmで1カ所、24mmで3カ所切ります。

他の原子を作る
酸素:30mm球を赤く塗り、24mmで接するように2カ所切ります。
水素:25mm球を、24mmの孔定規を用いて半分に切ります。

 2003.7.25

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方25に戻る  分子模型の作り方27に進む