分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
18(アスパラギン酸)へ  20(アスパラギン)へ

グルタミン酸

 グルタミン酸は、アラニンのCH酢酸がくっついた形をしています。
 「完成した分子模型」は製作の都合上から「動く分子事典」とは反対に側鎖が伸びています。
動く分子事典より 完成した分子模型
グルタミン酸の動く分子事典での像 グルタミン酸の分子模型

グルタミン酸の分子模型 左の図は、部品名を示したものです。

 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

R(側鎖)の作り方

A:カルボキシル基の切断面の直径です。詳細はアミノ酸の共通構造を見て下さい。
カルボキシル基
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C=O 3.0
C-0 2.4
C-H 2.4
O-H 2.4
 ∠C-C=Oは126°で、∠C-C-Oは110°で切ります。
 
RのC
CH2
B:「RのC」
 109.5°の角度定規を用いて、30mm→30mm→24mm→24mmで切ります。これを2個作ります。
 そして、2.4cmで切ったHを、2個ずつつければひとまず終わりです。
 
 以上のようにして作成した部品を組み上げます。
 ただし、今回の原子の重なりあいは単純だけど数が多いです。「C」にできる切れ線を利用して切るべき線を引き、重なり具合の見当を付けて線に沿ってカッターナイフで切除します。
 以下の状態を参考にして下さい。
 
アミノ酸の共通部分 共通部分に「RのC」を
一つ結合した状態
アミノ酸の共通構造 Rを一つ結合
 以下に示す図は、側鎖を伸ばしながら作成している様子を示しています。
共通構造
 + 
RのC
+ 2個目のRのC + カルボキシル基
一つ目 二つ目 最後

 2002.10.10初出 2003.3.30修正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
18(アスパラギン酸)へ  20(アスパラギン)へ