分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
20(アスパラギン)へ  22(リシン)へ

グルタミン

 グルタミンは、グルタミン酸の側鎖にあるカルボキシル基のかわりにホルムアミドが結合した形をしています。
 
動く分子事典より グルタミン
動く分子模型のグルタミン グルタミン

1、R(側鎖)
側鎖
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C-N 2.9
C-H 2.4
C-O 2.9
 

側鎖を作る
ア:109.5度の角度定規を用いて、30mm→30mm→24mm→24mmと切って、2個作ります。
イ:窒素と結合する面を29mmで切った後に、角度定規を利用して、酸素と結合する面を124度・29mmで切り、炭素と結合する面を116度・30mmと切ります。
酸素(ウ):30mmで切ります。
窒素(エ):30mm球を青に塗り、29mmで切ります。次に、切った面から119度・24mmで水素との結合面を2カ所、3つの原子が平面になるように切ります。
水素:24mmで半分に切ります。そのうちの2個は、窒素の切れ線で線を引き、水平に切ります。

最後に、「アミノ酸の共通構造」と結合する部分で重なり合いがあるところを切除します。
 
2、アミノ酸の共通構造
 詳細は、「アミノ酸の共通構造」を御覧下さい。
共通構造
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C=O 3.0
C-0 2.4
C-H 2.4
O-H 2.4
C-N 2.4
N-H 2.4

 
 
 2003.4.3

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
20(アスパラギン)へ  22(リシン)へ