分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方39に戻る  分子模型の作り方41に進む

グリセリン

動く分子事典より グリセリン
動く分子模型のグリセリン グリセリン
 油脂の材料になっているものには、グリセリンと脂肪酸があります。
 
 それにしてもグリセリンは欲張りな分子です。一つの分子に水酸基を3つももっています。炭素が3つしかないのにです。


グリセリンの材料
center
炭素を作る
(1)35mm球2個を黒く塗り、109.5度の角度定規を用いて、29mmで1カ所切ります。そして、24mmで3カ所切ります。
(2)35mm球1個を黒く塗り、109.5度の角度定規を用いて、29mmで2カ所切り、24mmで2カ所切ります。

そして、重なりあう部分をカッターナイフで切除します。

他の原子を作る
酸素:30mm球3個を赤く塗り、24mmで接するように2カ所切ります。
水素:25mm球を24mmの孔定規を用いて半分に切ります。8個必要です。

 以上の原子たちを切ったら、炭素同士の間に爪楊枝を差し込んで接着を補強しつつ、仮に組み上げます。
 これができたら、木工用ボンドで接着します。
 乾いてから、水素原子を接着していけば完成です。
 
 油脂にグリセリンの模型を用いるときには、酸素と水素の間をマジックテープで接着するとよいです。
 
 2003.12.27

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方39に戻る  分子模型の作り方41に進む