分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
3(ペプチド結合)へ  5(グリシンと酢酸)へ

グリシン

 グリシンは一番簡単なアミノ酸です。
 
 1(アミノ酸の共通構造)に示した共通構造に、側鎖として水素(Hと図に示しています)が一個ついただけです。
 
 つまり、中心の「C」には2個の水素がつくことになります。よって、炭素は不斉炭素になっていません。
動く分子事典より グリシン
グリシンの動く分子事典での像 グリシンの分子模型の説明

 
1(アミノ酸の共通構造)との違い

 Cは、35mm球を黒く塗り、109.5度の角度定規を用いて、30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。
 後は、1(アミノ酸の共通構造)と同じに作り、最後にHを貼付ければ完成です。

 2002.9.23初出 2003.3.30改正

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
3(ペプチド結合)へ  5(グリシンと酢酸)へ