分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方1に戻る  3に進む

合成洗剤

 合成洗剤の代表として直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)を作りました。
発泡スチロール 動く分子事典から
合成洗剤の発泡スチロールによる分子模型 合成洗剤の3D分子模型
 合成洗剤は、モスラのような形をしています。セッケンと比べると、そのモスラの頭の形が違うのがわかります。この違いによって生分解性(細菌などが餌として食べることができるか)の差などが出てくるのでしょう。

  1. 硫黄(黄)は35mm球を炭素と同じように4方向で切り、3個の酸素(赤)をつけています。
    1. 酸素のうちの一つには、ナトリウム(青)も離れてくっついています。
  2. 硫黄はベンゼン環に結合しています。
  3. 炭素(黒)でできた直鎖は、4方向で切った炭素をつなげています。
    1. 端っこの炭素には水素(白)が3個ついています。
    2. 途中には2個の水素がついています。

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方1に戻る  3に進む