分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型14に戻る  

水素の燃焼

 水素の燃焼を説明するためにマジックテープを利用して作成した分子模型です。
 
水素 酸素
水素 酸素 水

 水素は、25mm球を、24mmの孔定規を利用して切って、白いマジックテープでくっつけています。
 
 酸素は、30mm球を赤く塗った後で、24mmの孔定規を利用して接するように2カ所切り、赤いマジックテープでつけています。

 は、水素と酸素を組み合わせてできたものです。
 
 以上の分子模型を使うと、下の図のように、水素が燃える様子を示す事ができます。
反応前   反応後
酸素と水素 → 水

 2003.5.26作成

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型14に戻る