分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方67に戻る    分子模型の作り方69に進む

ハロン1301

消火剤の一つにハロン1301があります。
ブロモトリフルオロメタンというのが化学的な名前です。
メタンに,フッ素が3つ,臭素が1つついた形をしています。
『化学便覧 基礎編 II』のデータを引用して作ることにしました。

炭素

C.JPG  1個の35mm球を黒く塗り,30mmで1カ所切ります。
次に,109.5°の角度定規を使って28mmで3カ所切ります。

フッ素

F.JPG  3個の30mm球をアイボリーで塗り,28mmで切ります。
 炭素の30mmと28mmでできた切れ線を利用して,線を引いておきます。
Fkiri.JPG  線を利用してフッ素原子を切る方向を示しました。
C+F.JPG  炭素に3つともくっつけると,このようになります。

臭素

1個の40mm球を紫で塗り,30mmで切ります。

ハロン1301

halon.JPG  完成したハロン1301です。

2013.06.07


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方67に戻る    分子模型の作り方69に進む