分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
23(アルギニン)へ  25(αヘリックス)へ

ヒスチジン

 ヒスチジンは、イミダゾールアラニンが結合した形をしています。
 
 イミダゾールの部分はがくっと曲がって結合していますので、αヘリックスを作ろうとするなら、どの向きに曲げるべきかを検討しなければいけません。今回私が作成した構造では、αヘリックスには向かないようです。

 そして、ヒスチジンはヒスタミンの材料です。アレルギー症状の原因物質として有名な、ヒスタミンです。花粉症の私としては、興味深い物質です。
動く分子事典より ヒスチジン
動く分子模型のヒスチジン ヒスチジン

1、R(側鎖)
側鎖
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 2.8
C-N 2.4
C-H 2.4
N-H 2.4
 
 イミダゾールの部分は平面分子です。

炭素を作る
ア:108度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。そして、24mmの孔定規に立たせて水素との結合面を切ります。
イ:108度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。そして、29mmの孔定規に立たせて炭素(エ)との結合面を切ります。
ウ:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。そして、24mmの孔定規に立たせて水素との結合面を切ります。
エ:109.5度の角度定規を用いて、29mmで2カ所、24mmで2カ所切ります。

 イとエは、重なりあいの部分ができますので、カッターナイフで切除しておきます。

他の原子を作る
窒素(オ):24mmで接するように2カ所切ります。そして、24mmの孔定規に立たせて水素との結合面を切ります。
窒素(カ):24mmで接するように2カ所切ります。
水素:24mmの孔定規を用いて半分に切ります。

 「アミノ酸の共通構造」と結合する面は、図の「R」と書いた部分です。
 
2、アミノ酸の共通構造
 詳細は、「アミノ酸の共通構造」を御覧下さい。
共通構造
a-b 切断面の直径(cm)
C-C 3.0
C=O 3.0
C-0 2.4
C-H 2.4
O-H 2.4
C-N 2.4
N-H 2.4

 
 
 2003.3.15

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
23(アルギニン)へ  25(αヘリックス)へ