分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方20に戻る  分子模型の作り方22に進む

イミダゾール

 ヒスチジンの部品に相当するイミダゾールを作りました。
 イミダゾールは、窒素と炭素と水素からできた、平らな分子です。
動く分子事典より イミダゾール
動く分子模型のイミダゾール イミダゾール


ピロールの部品 炭素:35mm球を黒く塗り、ア・イのようにして切ります。

ア:108度の角度定規を用いて、28mmと24mmで切ります。その後、ちょうど真ん中になるように立たせておいてから24mmで1カ所切ります。

イ:108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ります。そして、アと同じように立たせておいてから残りの水素と結合する部分を24mmで切ります。

窒素:30mm球を青に塗り、108度の角度定規を用いて、24mmで2カ所切ったものを2個作ります。そして、そのうちの1個は、真ん中になるように立たせておいてから、さらに24mmで1カ所切ります。

水素:25mm球を半分になるように切ります。

 
 以上のようにして作製した部品を木工用ボンドで貼付けると完成です。
 
 2003.3.2

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方20に戻る  分子模型の作り方22に進む