分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
8(ロイシン)へ  10(セリン)へ

イソロイシン

 イソロイシンも大変です。
 しかし、枝をカルボキシル基の方に伸ばしてしまった事が大きい原因かも知れません。
 
動く分子事典より 発泡スチロール模型
ロイシンの動く分子事典での像 ロイシンの分子模型の正面
 アミノ酸の共通構造は、1(アミノ酸の共通構造)を見て下さい。

2、R(側鎖)の部品の製作

R1  RのC1です。109.5度の角度定規を用いて、30mm→30mm→30mm→24mmと切ります。
R2  RのC2です。30mm→30mm→24mm→24mmと切ります。
R3  メチル基です。30mm→24mm→24mm→24mmと切ります。これを2個作ります。

 Cと結合するRのC1には、RのC2メチル基が結合します。
 
 RのC2には、メチル基が結合します。この向きを私は下にしてしまったので、上に結合させた方が良いでしょう。
 
 これらの、Rがうまい具合にはまる場所を見つけて、重なり合う部分を切除し、接着すると完成です。
 
 切っていると、原子をどの向きにするのかがわかりにくくなる、結構大変な分子の構造でした。
 
 2002.12.2

分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
8(ロイシン)へ  10(セリン)へ