分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
2(アデニン)に進む    

1 磁石による接着

 〈素材となる分子〉を磁石でくっつけるためのものです。
 
1jisyakunatto.JPG  100円ショップのネオジム磁石は直径6mmほどと,小さいのに強力です。しかも8個も入っています。
 この磁石の相手に,同じ磁石ではもったいないし強すぎます。そこで,ほぼ同じ大きさの鉄製の六角ナットを相手にすることにしました。
 
2kanetu.JPG  トーチバーナーでヤスリを焼いて発泡スチロールに軽くあてて,磁石やナットを入れる凹みをつくります。
3matouti.JPG  磁石やナットを接合面の真ん中に設置するために,目標となる黒点を描きます。
4anaaki.JPG  熱したヤスリを極短時間あてるとできる凹みはちょうどよい大きさです。
5tetu.JPG  木工用ボンドでナットを固定した状態です。
6jisyaku.JPG  相手側に磁石を固定すると,ナットを固定した原子を自在にくっつけたりすることができます。
 

2012.12.30


7nuru.JPG  最近,〈磁石+ナット〉では弱いなあと思うようになりました。

 そこで,磁石の台紙をはがしてからマジックで色を塗ることにしました。
 磁石を取り出してから片面に色を塗ろうとすると「バチン」とくっついてどっちがどっちだったかすぐにわからなくなりがちです。でも,台紙にくっついているときに塗ると,そんなめんどうな事象を取り除くことができるのです。
 こうして,ぬっていない「銀の面」とぬってできた「黒の面」ができます。
 
 〈銀の面+黒の面〉が〈磁石+ナット〉に対応する訳です。十分な結合の強さを発揮してくれます。
 
 

2013.12.22


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
2(アデニン)に進む