分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方58に戻る  分子模型の作り方60に進む

水分子の鎖_テグス

 《水分子の冒険》の主要なイメージとなる「水分子の鎖」を表現するのにどうしようかと思いました。
 
 「磁石でつける」「接着剤でつける」など考えました。
 でも,磁石では長い鎖になりません。
 接着剤では,長い鎖にすればするほど折れやすくなるでしょう。
 
 DVD『授業書《水分子の冒険》ができるまで』をみていたら,福嶋さんはじゃらじゃらと水分子の鎖をとりだしていました。それをみて,「テグスでつないだら長い鎖が作れてよさそうだな」と思いつきました。
 
1kusizasi.JPG  水分子の分子模型を針でつらぬいています。
 
 「酸素原子の真ん中」と「一方の水素原子の真ん中」をつらぬきました。
 
2tegusu.JPG  水素と次の酸素がぶつかるように,テグスを通します。
3tomeru.JPG  一番下の水分子のテグスの先を金具に結び付けて,水分子が落ちないようにしました。
4sageru.JPG  黒板には吸盤のフックを取り付けて,ぶらさげることにしました。
 
5zentai.JPG  全体はこうなります。長い水分子の鎖をひょいと荒く扱えるのがとってもいいです。

 また,ガラス壁にせりあがる水面の図を黒板で示すのに使えます。
 便利です。

2010.01.11


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方58に戻る  分子模型の作り方60に進む