分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方59に戻る    分子模型の作り方61に進む

水分子の鎖_磁石

 《水分子の冒険》の主要なイメージとなる「水分子の鎖」ができるようすを,磁石で作成することにしました。
 
 水素結合を磁石で示そうというわけです。
 
1yakudougu.JPG  水分子に磁石のへこみをつけるには,熱した鉄の棒で融かす必要があります。
 (尾村泰裕さんから教えていただきました)
 
2yaku.JPG  磁石をときどきあてて大きさを確認しながら融かします。
3ana.JPG  融かして作った穴です。
4jisyaku.JPG  木工用ボンドで磁石を接着します。
5feraito.JPG  使用した磁石です。4コ入りで200円ほどでした。
 
 大きさは直径1cm,厚み3mmです。
 
6kyokuiro.JPG  磁石のそれぞれの面に赤と白を塗りました。
 赤は酸素原子にうめこみ,白は水素原子にうめこむのです。
 
 うめこんだばかりの水分子模型から磁石が飛び出てきて,鉄板や他の磁石にくっつく事故がときどきおきます。その極をしらべるのは大変です。
 めんどうでも最初に色をぬっておいた方が楽でした。
7waruijisyaku.JPG  左の方にばらばらになっているのは,百円ショップで購入した磁石です。
 
 「厚みの方向に極がある」と思っていたら,これらは好き勝手な方向に帯磁しています。
 これでは「酸素どうしではくっつかない」ということを表現できませんから,値段が高くてもちゃんと極の方向が一定になっている商品がいいです。
 
8niko.JPG  水分子どうしが酸素原子と水素原子とでくっつくことを示すことができます。
 
 「水素結合」というものです。
 生徒の数に近い2個セットを用意できたら理想的だと思います。くっつけて遊べますから。
9kurasuta.JPG  この6こセットができたとき,液体の水にはこのようなものがはいっているだろうなあと思いました。
 
 この6このかたまりには広がりがありません。でも完結しています。
 
10kusari.JPG  水分子がつっついていって鎖が伸びていくようすを表現しました。
 
 授業で使う際には,まず,黒板に吸盤フックをつけます。
 フックには鉄板などをつけておいて,そこからすこしずつ水分子をくっつけて伸ばしていくと,鎖が伸びていくようすを示せます。
 そして,いずれ落ちます。こうして,支えきれないようすも示せます。
 
 

2010.01.11


分子模型に戻る  仮説実験授業関連に戻る
分子模型の作り方59に戻る  分子模型の作り方61に進む